×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本史クイズ

ぷよぴたっ!

Loading...

三崎亜記 ウィキペディア

三崎亜記 最新動画

となり町戦争
となり町戦争
同名小説を映画化。普通の会社員・北原の元に開戦通知表が届く。どうならとなり町と戦争が始まるらしい。公務員である香西に頼まれ、となり町の偵察に任命される北原。戦争をしている気配がまったくない日常。しかし増えていく戦死者。やがて北原は戦争のリアルさを知ることになり・・・。

たくさんの戦争映画を見てきたが、本作はそんな戦争映画の中でもかなり異質な作品。作風は少々シュールでどこかコメディっぽい。しかし、本作は見掛けによらず恐い映画。前半からは想像出来ないほどの恐ろしさを後半で描いている。

戦争をしているというのに、自分の生活は何一つ変わらない。戦争をしている実感がまったくない主人公・北原。そして戦争は業務と考える香西。二人の登場人物のおかげで、戦争の恐ろしさが明確に示されてる。自分が直接人を殺していなくても、戦争に参加しているということだけで人殺しになってしまう恐怖。主人公・北原の上司が映画の中で言う一つ一つの言葉にも重みがある。「戦争してるのはハリウッドスターじゃない。そこらへんにいるおっさん何ですよ。」、「仲良くしましょうよ。戦争をしていた国とも今は仲がいいでしょ?」。本作ではこの上司が鍵となってくるので注目するべきだろう。

戦争をしている実感がないというのは、まさに現代人だからこそ。しかし確実に戦争は激化していて、気付けば取り換えしのつかないことになっている。戦争のリアルさを非常にシュールに描いた良く出来た作品。戦争シーンが一つもないのが、さらにリアルさを増している。




鼓笛隊の襲来
鼓笛隊の襲来
第2短編集だが、本作も奇想が炸裂していて楽しめる。基本的に『バスジャック』と同じ
作風だが、今回はアイデンティティの揺らぎが感じられて、ややP・K・ディック風な
話になっている。小説内の物語空間での現実と我々のいる通常世界での現実とのズレ・
ねじれが心地よい。独特な味の文章もプラスに働いている。

いままでの三崎作品のなかで本作が一番とっつきやすいかもしれない。三崎ワールドを
初めて体験する人はこれを最初に読んだほうがいいかも。もっとも今回も相当ひねくれて
いるけど。

あいかわらず変則的な話なので、合う人には合う、合わない人には徹底的に合わない作品
ではある。私はこういう作風はドンピシャなので、充分楽しめた。ただ、そろそろ
マンネリの傾向があるので、作風を少し変化させたほうがいいとは思う。




となり町戦争 (集英社文庫)
となり町戦争 (集英社文庫)
前半部分ははっきり言って読むのが苦痛でした。状況説明を又聞きしてるような感じとでも言いましょうか。
面白く読めたのは査察の件でしょうか。ここは直接的な描写は避けているもののスリリングで楽しめました。
ただ、なぜ戦争が地域振興につながるのかだとか、香西さんの週一の業務だとかに説得力がない。
戦争なんて前線に出ない限りリアリティのないものなんでしょうが、それでももう少し描写を加えて欲しかった。




バスジャック
バスジャック
「となり町戦争」に続く作品集で表題作ほか6編が収められている。
 新人賞を受賞して次の作品となると、作家も出版社も気を使うものだろうが、それにしてはこの第二作、
チョット早すぎたのではないか?
 処女作のイメージに拘り過ぎて玉石混淆、いいものはいいが、レベル以下のものもあるのが気になる。
 発想の自由さ、会話文の巧みさ、これから期待できる作家なのだから、大事に育てて欲しいと思う。
 数がそろわないので、員数合わせで納得のいかない作品を収載してはいけない。
 いい作品が引きずられて埋もれてしまう。
 期待している読者を裏切らないで欲しいものだ。
 つまり、わたしは期待していて、その期待を裏切られた‥というわけだ。
 作家のせいではなく、出版社の責任だけど、…。
 だから、星4つ。






昨晩 三崎亜記 が夢でこう告げた・・・!


グランプリを受賞した人気アイドル 三崎亜記。さて、この系譜を正統に受け継ぎ、ほど良い脱力感を楽しませてくれるアルバムが登場した。
「夢の中でふわふわしている、かわいらしいイメージものです。シャドーボクシングのシーンや万歩計を胸につけて思い切り走り回っているシーンなんかを見てほしい」。

ほえ~。ということはこれを頭に置いて言ってたのかな?

『 まことに人生はままならなもので、生きている人間は多かれ少なかれ喜劇的である。 』( 三島由紀夫 )

まあそういうことだ。

[Book][三崎][鼓笛] 鼓笛隊の襲来
著:三崎亜記 画:まつあきのり 光文社*1. 赤道上で発生した戦後最大の鼓笛隊は徐々に勢力を拡大し 明日には西日本に上陸の見込み――未曾有の天災に立ち向かう表題作を含む9篇の短篇集。 オーケストラの演奏で鼓笛隊の襲来を迎え撃つ日本政府の防衛策は、 ...

『失われた町』
失われた町posted with amazlet at 08.10.03三崎 亜記 集英社 売り上げランキング: 184140Amazon.co.jp で詳細を見る30年に一度起こる町の「消滅」。忽然と「失われる」住民たち。喪失を抱えて「日常」を生きる残された人々の悲しみ、そして願いとは。 ...

三崎亜記 鼓笛隊の襲来
鼓笛隊の襲来. この商品の他のレビューをみる». 三崎亜記 光文社 ¥ 1470 (2008-03-20). 戦後最大規模の鼓笛隊が襲い来る夜を、義母と過ごすことになった園子の一家の運命は?(鼓笛隊の襲来)。私は恋人を失った。しかし失った恋人が誰なのかが全く ...

三崎亜記「となり町戦争」
今読んでいる本は、三崎亜記「となり町戦争」です。 読書もリハビリの一環ということで挑戦しているんだけど、今のところ休み休みでないと読めません。 読書もしつつ、トレーニングもして、何とか次回に強力な復活が出来るようにしたいなぁと思っています ...

「オトナの片思い」
三崎亜記「Enak!」 大島真寿美「小さな誇り」 大崎知仁「ゆっくりさよなら」 橋本紡「鋳物の鍋」 井上荒野「他人の島」 佐藤正午「真心」 角田光代「わか葉の恋」 大人の片思いにまつわるアンソロジー。 誰かを好きになっても、一直線に向かう事が出来 ...

鼓笛隊の襲来 三崎亜記
鼓笛隊の襲来三崎亜記光文社このアイテムの詳細を見る9つの短編集どれもこれも現実にありえない設定鼓笛隊が台風のように日本に上陸して襲ってくるとか自分をリセットしたい人たちが覆面をかぶって生活するとかある一部の人間には押すとどうなるか ...

となり町戦争 三崎亜記
となり町戦争 (集英社文庫)三崎 亜記集英社このアイテムの詳細を見る道路工事などの公共事業と同じように 町の経済活性化のためにとなりの町と戦争を始める ひとりの一般市民が突然スパイに任命されて戦争に参加する… というお話役所の戦争担当の人たちは ...

三崎亜記『となり町戦争』を読む
集英社文庫で、三崎亜記著『となり町戦争』を読みました。となり町の日常的な親近感と、戦争という非日常性をむりやり接合したような題名のおもしろさに興味をひかれて手にした、というのが真相です。 舞坂町の広報誌のお知らせらんに小さく掲載されてい ...

2008/10/4に借りた本(ただし臨時)
鼓笛隊の襲来. 読了可能性, ★★★★☆. 出版元, 光文社. 初版刊行年月, 2008/03. 著者/編者, 三崎亜記. 読前感想, 予約本2冊目。三崎さんの作品。こちらもそれなりに待ちました。不思議な世界観を持っていて期待大です。 読後感想リンク ...

鼓笛隊の襲来 三崎亜記
鼓笛隊の襲来 三崎亜記 戦後最大規模の鼓笛隊が襲い来る夜を、義母とすごすことになった園子の一家。避難もせず、防音スタジオも持たないが、果たして無事にのりきることができるのか―(「鼓笛隊の襲来」)。眩いほどに不安定で鮮やかな世界をみせ ...

三崎亜記 の最新情報








ラブ・セレナーデ | 町野変丸