×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Y!天気情報

おみくじ

Loading...

BLOOD THE LAST VAMPIRE ウィキペディア

Recoil feat Blood : The Last Vampire - Want


BLOOD THE LAST VAMPIRE 最新動画

Blood: Last Vampire (Dub)
Blood: Last Vampire (Dub)
寺田克也デザインの個性的なキャラクター。最新の技術で作り込まれた背景と動き。極限までこだわった光と色彩の表現等等、映像ショーとしては一見の価値ありなのですが、尺が短い上に、これといった目立つ展開もなく、全体的に地味な印象。

舞台をベトナム戦争前の日本にする必然性を全く感じないし、「リアル」に徹したせいなのか肝心の戦闘も地味で、吸血鬼の血族である主人公・小夜の強さみたいなものが、今一つ伝わって来ない…(剣術と戦闘術をマスターした普通の少女以上の力を感じない)。どうせなら戦闘だけでも「スプリガン」ライクにして欲しかったです……。

英語と日本語を使い分ける工藤夕貴さんの演技が光っているので、それ一点突破でも観たいという人はどうぞ。





BLOOD THE LAST VAMPIRE
BLOOD THE LAST VAMPIRE
追う者と追われる者。「バサッ」謎の少女・小夜が日本刀を抜く。暗くぼやけた世界観に、寺田克也のキャラクターがもろにマッチしている。小夜の声の工藤夕貴も凄みを利かせたはまり役。日本アニメでも英語(日本語も混じるが)で、字幕で見るってのも、またまた臨場感が湧いてくるんだよね。本編48分で、もうちょい長く見たいなってのもあるけど、まとまっているので、それはそれでいいかって感じだ。フルデジタルと言われても、まったく違和感のない作り、さすがとしか言えない。登場人物達の動きが生々しく迫力あるぞ。が、しかし、ストーリーがストーリーなだけに、戦闘シーンは凄惨だからナメてかからないように。組織のおっさん、「翼手」と呼ばれる吸血鬼も恐いのだけど、一番恐いのは小夜だ。本編終了後の映像特典では製作者達の声も聞けるので、ファンは納得できます。でも、高いよな、やっぱり。




「BLOOD THE LAST VAMPIRE」 ゲーム・サウンドトラック
「BLOOD THE LAST VAMPIRE」 ゲーム・サウンドトラック
ゲームBLOODのサントラですが「明日の場所」はゲームの渋ーい世界に非常に合っていて流石は梶浦由記です。
ゲームを思い出しつつ(鬼の難しさですが)聞くと感動は倍増ですよ。
ゲームBLOOD上巻と下巻、サウンドトラックと合わせて是非購入お勧めです。





獣たちの夜―BLOOD THE LAST VAMPIRE (角川ホラー文庫)
獣たちの夜―BLOOD THE LAST VAMPIRE (角川ホラー文庫)
冒頭のデモシーンはかなり退屈ですね。
が、主人公をマークする刑事が登場すると急に面白くなります。
この刑事、後藤隊長の絵と声をイメージして読むと、これがしっくりと嵌ります。名前もまんまですし。
同級生達のドタバタはうる星や特車二課の連中を彷彿とさせます。
絵をイメージし易いシーンが沢山あるので、アニメにしたらこういうカットだろうなどと想像すると楽しみが倍します。
この本で初めて押井の小説を読みましたが、小説家としての力も充分有ったんだと知りました。
また、押井自身が体験した、したようで出来ず、闘わずして敗北した世代の事がリアルに書かれているので、
当時を知る人の手記としても楽しめるのではないでしょうか。

参考文献に挙げられている本をチェックしてみると、
ここぞという所のセリフはその殆どが丸々の引用である事が解ります。




BLOOD―The last vampire 2000 (角川コミックス・エース)
BLOOD―The last vampire 2000 (角川コミックス・エース)
巻末の神山健治氏のあとがきを読むとどうもこの漫画は映画のブラッドザ・ラストヴァンパイアから始まる一連の小説、ゲームの締めくくりに位置する作品のようです。企画には押井守氏や神山健治氏などのビッグネームも見られ、筋書き自体は映画の雰囲気を継承する納得のいく内容があります。 謎の多い主人公である小夜自身のことが多く語られるストーリーはその絵柄とともにとても暗く、映画同様バイオレンスなシーンとそれに付け加えてエロティックなシーンもあります(明らかに子供向けではありません)。
この話はもともと映画もしくはOVA用に企画されたものをなんらかの理由で漫画で発表したような感じがします。しかし漫画にする際に漫画として面白く見せる再構成をほとんどしなかったようで、内容が濃いいにもかかわらずぱっと見て面白さがうまく伝わる作品になっていません。映画の続編としてOVAにでもしてくれればいい作品になった可能性が大いにあると思うと、残念です。




上海哀儚―BLOOD THE LAST VAMPIRE (角川ホラー文庫)
上海哀儚―BLOOD THE LAST VAMPIRE (角川ホラー文庫)
BLOOD+の元である、BLOOD映画の小説版ということで、読んでみましたが、
思った以上に切なく哀しい話で驚きました。

BLOOD小説の中で、一番良かったです。読みやすいし、愛について描かれていて、
最後まで読むと、泣けると評判の映画を一本観た気分になります。

描写の問題で、年齢制限すべき小説ですが、BLOOD作品が好きな人には、
是非!読んでほしい本です。




BLOOD The Last Vampire (上巻)
BLOOD The Last Vampire (上巻)
パッケージの裏面に「このソフトは上巻だけでもお楽しみいただけます」のようなことが書いてあるがそんなことはありません。このソフトは文字通り上巻にすぎず、大量の謎が残されたままで下巻に続きます。
ストーリー・グラフィックとも十分な内容なので、ぜひ下巻と購入しましょう。

このゲームには、バッドエンディングも含めて20種類ほどの結末がありますが、登場人物の「瑠璃亜」と迎えるエンディングは涙ものです。
絶対続きが見たくなりますよ。
ただ、ゲームの難度が高く、自力クリアがほぼ不可能ということで、星四つにしました。このゲームを楽しむにはネット環境必須です。





BLOOD The Last Vampire (下巻)
BLOOD The Last Vampire (下巻)
ドラマを見ている感覚で楽しむアドベンチャーゲームの「やるドラ」シリーズ。プレイステーションから始まったそのシリーズの、プレイステーション2用ソフト第2弾。シリーズ初の上・下巻に分かれた大作になっている。ゲームの進め方はDVDのアニメを見るようにストーリーを追いかけていき、要所要所で主人公の行動をプレイヤーが選択。その選択によってストーリーが分岐し、エンディングがいくつも変化するようになっている。そのため、1度終わらせても再度違った視点からストーリーを始めることができるところが本シリーズのポイント。

主人公は、自らの呪われた運命を知り苦悩する17歳の少年。そんな主人公を冷たく突き放す小夜、そして優しく彼に近よる瑠璃亜。主人公を取り巻く謎の美少女達と、血に覚醒した彼が織り成すストーリー。

アニメーション制作は『新世紀エヴァンゲリオン』劇場版を手がけたProduction IG、原案協力には『攻殻機動隊』『AVALON』の監督の押井守、キャラクターデザインには人気CGアーティストの寺田克也を起用するなど、一流のスタッフを迎えた力作だ。(樋口浩二)





やるドラ ポータブル BLOOD THE LAST VAMPIRE
やるドラ ポータブル BLOOD THE LAST VAMPIRE
ゲームは面白いです。
今までにあまり無かったシステム等で興味を引きます。
最初はバッドエンドを繰り返しますが、
内容が深く、どんどん物語に誘い込まれます。
個人的に此処が残念、というのは、セーブについてです。
セーブが章のはじまりから、という点が残念でした。
何度セーブしても、また繰り返さなければならないので。
これさえ直れば、個人的に星5つでも良いかと思います。




BLOOD THE LAST VAMPIRE COMPLETE BOX
BLOOD THE LAST VAMPIRE COMPLETE BOX
フィルム版を購入後、改めてコンプリートBOXを購入しました。BOXには本編DVD2枚(フィルム版・デジタル版)、特典映像DVD1枚、ショットボード集、台本、寺田克也描き下ろしピンナップが入っています。

フィルム版とデジタル版を見比べましたが、はっきり言って違いが判りませんでした。ですので、高価なテレビやプロジェクターで視聴し且つ映像クオリティにこだわる人か、台本などの封入特典を手に入れたい人以外は、単品のフィルム版で十分かと思います。個人的な作品評価は星5つ、5.1チャンネルで聴く迫力ある音声はどちらも同じですし・・・。





BLOOD THE LAST VAMPIRE
BLOOD THE LAST VAMPIRE
すごい、すごい、吃驚した。
アニメよりも実写よりも、よりリアルで大嘘なこの作品。
時間が短すぎて物足りない気もするがこれ以上の説明もドラマも要らない。
ぜひ、観てほしい作品です。
血は何よりも物語る、です。
英語の使い方、日本語の入れ方。すばらしい、の一言です。




BLOOD THE LAST VAMPIRE
BLOOD THE LAST VAMPIRE
本当にこれはアニメなのか、と疑いたくなるほどにリアルな映像。まるで実写映画のようなカメラワーク。一つ一つのシーンにおいて、映像へのこだわりが感じられる。これはもう、単なる映画ではなく芸術だ。






こんな BLOOD THE LAST VAMPIRE の夢を見た!


毎回話題を呼んでいる BLOOD THE LAST VAMPIREは体験者が歩きながら進んでいくウォークスルータイプのお化け屋敷。
「毎回刺激を受けて、やりがいを感じながら演じていました」と振り返っている。

ほうほう、ようがんばってますなあ。ようするに、

『 人間は考える葦である 』( パスカル )

よ~く考えなあかんで!

名作劇場~Blood The Last Vampire ~
Blood The Last Vampire. う~ん、名作。 かのproduction IG作品. 企画協力 押井守. キャラクターデザイン 寺田克也. 監督 北久保弘之. すべてが、日本を代表するクリエーター. クエンティン・タランティーノもこの作品のファンだそう。 ...

BLOOD THE LAST VAMPIRE
本題名は『上海哀儚』で、BLOOD THE LAST VAMPIREはサブタイトルらしい。 攻殻 繋がりで、藤咲さんの本を読んでいてリストの中に入っていたのでポチリ。 これ、ホラー文庫!? しかもvampireもの!!! 小さい頃から大好きなんです。学校の図書室の本読みあさってい ...

「BLOOD THE LAST VAMPIRE 闇を誘う血」
「BLOOD THE LAST VAMPIRE 闇を誘う血」(藤咲淳一・富士見ミステリー文庫) BLOOD THE LAST VAMPIRE 闇を誘う血 生きてるってそんなにえらいことなの?なぜ死んじゃあダメなの? 生きることに希望を失った少年、叶居歩。彼は殺人現場を目撃する。 ...

BLOOD THE LAST VAMPIRE
BLOOD+が良かったので、その前身である劇場版BLOOD THE LAST VAMPIREを観る事にしました。アニメ・シュバリエも気になります。実写版も製作中の様です。 ホラーですから雰囲気からして暗いです。凄くドキッとする、凄く怖いという訳ではないですよ。 ...

「BLOOD THE LAST VAMPIRE」
押井守をはじめとする日本のトップ・クリエイターたちが集結して製作した、フルデジタル・アニメーション作品。出演は工藤夕貴ほか。-----短くてスッキリ...

BLOOD THE LAST VAMPIRE
BLOOD THE LAST VAMPIREヴァンパイアアニメ映画。いやー、なかなかよかったっすね。40分ぐらいのちょっとボリュームがある短編映画ってかんじで、映像は密度が濃くて、楽しめたよ。見る前は2時間ぐらいあるのかと思ってたので、短編だと知って面食らっ ...

「Blood, The Last Vampire」
「BLOOD+」の元の作品として有名ですが、これで期待・「攻殻機動隊」になるのではと期待したら幼稚な寸劇。「BLOOD」はこれ一作で十分でしたね。ハリウッドのホラー映画そのままですので、お茶目な小夜にどれだけ萌えられるかがポイントです。

「BLOOD the Last Vampire 2000」(漫画版)について
「BLOOD the Last Vampire」の漫画版について。「BLOOD the Last Vampire」は映画から発生して、その後「BLOOD+」と同様にメディアミックス展開。ゲームやら小説やらそして漫画になった作品があります。「BLOOD the Last Vampire 2000」(玉置勉強・著) ...

Blood: The Last Vampireの監督について
さて、いつ公開されるのか解らない実写版『Blood: The Last Vampire』ですが、期待は高まる一方、なかなかその情報が入ってきませんね。 そこで今回は予習というか『Blood: The Last Vampire』がどんな映画になるのか予測してみるために監督のクリス・ ...

BLOOD THE LAST VAMPIRE デジタルマスター版
BLOOD THE LAST VAMPIRE デジタルマスター版 1966年ヴェトナム戦争のさなか、日本の横田米軍基地内のアメリカン・スクールに、ひとりの日本人少女・小夜(声・工藤夕貴)が転校してきた。彼女の正体は、闇に生き暗躍するヴァンパイア・キラーであった… ...

BLOOD THE LAST VAMPIRE の最新情報








リトルプリンセス マール王国の人形姫2 | オーランド・ブルーム